研修会

日本個人心理学会 第1回 研修会

「アドラー心理学にもとづくコンサルテーションの理論と実践」

●講 師:箕口 雅博 先生(立教大学)、浅井 健史 先生(明治大学)

 

●日 時:2019年11月9日(土)13:30~16:30

 

●会 場:東洋学園大学 1号館2階フェニックスホール

     住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3

 

●受講料:

・会 員 (事前振込)4,000円 /(当日)5,000円 

・非会員 (事前振込)5,000円 /(当日)6,000円

・学 生 (事前振込)2,000円 /(当日)3,000円

◆内容


 コンサルテーションとは、カウンセラー(コンサルタント)がクライエントを取り巻く重要な人物(コンサルティ)と協議や助言をしながら、間接的にクライエントを支援する方法です。コンサルテーションはクライエントが生きやすい社会環境を創り出す、臨床心理学的地域援助の主要な方法であり、カウンセラーにはその理論とスキルを習得することが求められます。

 

 アドラー心理学は長年にわたり、学校現場で教師や親を支援するコンサルテーションを発展させてきました。私たちはアドラー心理学とコミュニティ心理学を学び、両者の統合を目指す立場から、アドラー心理学にもとづくコンサルテーションに関心を持っています。そして5月には、「学校コンサルテーションのすすめ方-アドラー心理学にもとづく子ども・親・教職員のための支援(ドン・ディクマイヤー・ジュニア、ジョン・カールソン、レベッカ・ミシェル(共著) 遠見書房)」という書籍を翻訳出版させていただきました。

 

 本研修では、アメリカで発展したアドレリアン・コンサルテーションに、私たちが臨床実践や研究を通して工夫した部分を加えて、アドラー心理学にもとづくコンサルテーションの発想と具体的な支援方法を学びます。

◆研修の流れ


・コンサルテーションとは何か?

・アドレリアン・コンサルテーションの理論と思想

・アドレリアン・コンサルテーションの実践モデル

・ロールプレイによるコンサルテーション実習

◆講師略歴


箕口雅博 先生(みぐち・まさひろ)

 

立教大学名誉教授,元同大現代心理学部/現代心理学研究科教授,

IP心理教育研究所・代表,

臨床心理士,

慶應義塾大学社会学研究科教育心理学専攻修士課程修了。

 

◇専攻:コミュニティ心理学,臨床アドラー心理学,多文化間心理学。

 

◇主な著書:『コミュニティ・アプローチの実践―連携と協働とアドラー心理学』[編著](遠見書房),『改訂版 臨床心理地域援助特論』[編著](放送大学教育振興会),『よくわかるコミュニティ心理学』[共編](ミネルヴァ書房),『コミュニティ心理学ハンドブック』[共著](東京大学出版会),『臨床心理学的地域援助の展開―コミュニティ心理学の実践と今日的課題』[共著](培風館),『臨床・コミュニティ心理学―臨床心理学的地域援助の基礎知識』[共編](ミネルヴァ書房),『ワードマップ・コミュニティ心理学』[共著](新曜社)など。

浅井健史 先生(あさい・たけし)

 

明治大学文学部心理社会学科 兼任講師,

国際交流基金日本語国際センター カウンセラー,

臨床心理士,

専修大学文学研究科心理学専攻博士後期課程 単位取得退学。

 

◇専攻:アドラー心理学,コミュニティ心理学,グループアプローチ。

 

◇主な著書:『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』[共著](アルテ),『コミュニティ・アプローチの実践-連携と協働とアドラー心理学』[共著](遠見書房),『よくわかるコミュニティ心理学』[共著](ミネルヴァ書房),『ワードマップ・コミュニティ心理学』[共著](新曜社),『ありがとう療法-総合編』[共著](愛育社),『新臨床心理学』[共著](八千代出版)など。

ダウンロード
チラシ
研修会2019-11.pdf
PDFファイル 646.7 KB