第9回「個人心理学会会員の集い」

テーマ:「学会発表のススメ〜私はこのように準備した」

話題提供者:

日山 敦生 さん(緑システム研究所)

前野 隼兵 さん(横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター)

司会:八巻 秀(駒澤大学・SYプラクティス)


 個人心理学会の第2回学術大会も盛況のうちに終わり、会員の皆様も再び日常の中に戻られて、奮闘の日々かと思います。
 年に数回行われているこの「会員の集い」も、毎回会員の皆様の多くのご参加をいただいております。ありがとうございます。
 第9回目になる今回は、研修委員会と編集委員会からの要望もあり、「学会発表のススメ」という企画をしてみました。
 一見敷居の高そうな「学会発表」。
 「私なんて無理!」と思っていらっしゃる方も多いのかもしれません。
 今回話題提供していただくお二人は、第1回と第2回の大会に連続して一般演題発表をしていただいている「学会発表の経験者」です。そのお二人から「学会発表の喜びや意義」「私の発表準備の仕方」などについて、大いに語っていただこうと思います。
 その後、参加者の皆さんとの討論の時間も含めて、「学会発表」をめぐる様々なお話し合いができればと考えています。
 多くの会員の皆さんにご参加いただけると、嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。


日時:2022年6月12日(日)10時〜12時

オンライン(Zoom)による開催

参加費:無料

 

日本個人心理学会の会員であれば、どなたでも参加できます。ただし年会費納入済であることが条件となります。 参加を希望される方は、学会事務局までメールで参加の申し込み(氏名・会員番号を記載のこと)をお願いします。折り返し、当日のURLなどについてご案内を差し上げます。